体にいい住宅と話題の自然素材の家について知ろう

長持ちする住宅で長生きを

家の模型

環境に合う住宅

健康体で長生きをするために、昨今では自然素材の家で暮らすことを希望する人が増えています。自然素材の家では、空気中を漂っている病原菌やカビの胞子、トルエンやキシレンといった化学物質が吸収されるからです。つまり、これらを呼吸によって体内に多く入れずに済むわけですから、その分健康状態が維持されやすくなるのです。そして千葉では、特にこの自然素材の家に高い需要があります。というのも千葉では、都心部に近いにもかかわらず、都心部と比較すると空気が美しいからです。そのため良い環境を求める人の多くが千葉で居を構えているのですが、自然素材の家にすれば、それを一層堪能できるようになるのです。また千葉では、内陸部は風が少なく、夏には暑く冬には寒くなりがちです。逆に沿岸部は、気温は比較的安定しているのですが、海水の塩分を含んだ強い風が多く吹いてきます。寒暖の差も潮風も、住宅の劣化を引き起こすことがあるのですが、自然素材の家は、こういった環境の影響を多くは受けません。なぜなら自然素材には、熱や冷気に強い上に、湿気を適度に排出するという性質があるからです。したがって環境による劣化を防ぎやすく、長く安全に住まうことができるため、そのことからも千葉では自然素材の家が高く評価されているのです。また自然素材には種類が多くあるのですが、内陸部ではその中でも特に、断熱性の高い国産の無垢材がよく使われています。そして沿岸部では、高い調湿効果を発揮する多孔質の珪藻土に需要があります。