体にいい住宅と話題の自然素材の家について知ろう

木のぬくもりを感じる家

人形と家のミニチュア

疲労を防く快適な素材

千葉で家を建てるなら、木をふんだんに使った自然素材の家を建てたいと願う人がここ最近多くなっており、実際千葉では、素材も身近に手に入れられる時代になりました。ところが大半の千葉の人は、木の素材に関してその正しい性質を知る人は少ないようです。予め、木の特性を理解することで、住み始めてから後悔せず千葉の自然素材の家と長く付き合っていくための知識を学ぶことが大切です。優しい手触りや見た目の素朴さ、それがもたらす綺麗な空気や清々しさなど、自然素材の家は、住む人に様々な心地良さを与えます。冬、コンクリートの床は、足がシンシンと冷えて疲れてしまいますが、木の床は温もりを感じます。これは、コンクリートの熱伝導率が高い(木に比べて8〜10倍)せいで、足の熱を急速に奪ってしまうからです。足の冷えは身体の疲労を引き起こし、健康に良くありません。一方木の床を用いた自然素材の家は、最初は少しヒヤッとしますが、足の裏の温度を下げるようなことはありません。同様に、床の硬さも疲れと密接な関係があります。硬球を床に落とすと硬すぎる床では衝撃を吸収しません。つまり石のような硬い素材でできた床は、歩く時の衝撃力をすべて足で受けとめなければならないので疲れるのです。逆に軟らか過ぎても疲れます。床が力を吸収してしまうので、足に力が入らないからです。木は硬すぎず、軟らか過ぎず、疲労を呼ばない快適な仕組みになっている床材といえます。